wimax 据え置き

サイトマップ

据え置き型のWiMAX端末って需要あるの?

無線を利用したインターネットサービスに、UQ WiMAXと言うサービスがあります。
無線を利用するので回線工事が不要ですし、外に持ち運んで、好きな場所からインターネットを利用する事が出来ます。



UQ WiMAXなら外に持ち出す事が出来る



そんなUQ WiMAXサービスの端末に、据え置き型のWiMAX端末が存在します。



据え置き型のWiMAX端末ってどうなの?
外に持ち運んでインターネットを利用する事が出来ないのなら、わざわざWiMAXサービスを選ぶ意味がないのでは?



室内でしかインターネットが利用出来ない



そう思う方もいるでしょう。
私もそうで、据え置き型のWiMAX端末が発売された時には、需要がないだろうと思ってしまいました。



ですが、実際、据え置き型のWiMAX端末も普通に売れています
そして、定期的に機能が強化された新端末がラインナップされています。

据え置き型のWiMAX端末が選ばれる理由とは?

なぜ、外に持ち出せないような据え置き型のWiMAX端末が売れ続けているのでしょうか?
その理由ですが、回線工事が不要で導入出来ると言うのが、1つ目の理由になります。
ですから、光回線とは違い、引っ越しを行った場合であっても、回線工事が不要です。



2つ目の理由が、据え置き型のWiMAX端末は通信パフォーマンスに特化した作りになっていると言う部分が挙げれます。
と言うのも、据え置き型のWiMAX端末はACアダプタで直接給電しますから、バッテリー消費を押さえるような構造になっていないのです。



コンセントを使うので、バッテリーは不要



具体的に言えば、据え置き型のWiMAX端末の場合は無線で16台、有線で2台分の機器を同時通信する事が出来るような作りになっています。
また、可動式の外付けアンテナを搭載していて、部屋の隅々にまでWi-Fiが届いて安定的な通信が出来るような作りになっています。



通常のWiMAX端末の場合、無線で10台、別売りのクレードルとLANケーブルを使っても、11台までしか同時通信する事は出来ません。
そう考えると、据え置き型のWiMAX端末を選ぶメリットは十分にある訳です。

novas Home+CAの特徴とは?

そんな据え置き型のWiMAX端末ですが、最新の機種としてラインナップしているのがnovas Home+CAです。



novas Home+CA



novas Home+CAの特徴としては、WiMAX 2+を利用したキャリアアグリゲーションに対応している点が挙げれます。
その結果、novas Home+CAの下り最大通信速度は220Mbps出ます。





ちなみに、novas Home+CAはバッテリー切れの心配がありませんので、省電力設定や省電力モードは搭載されていません。
ですので、通常のWiMAX端末で言うハイパフォーマンスモードやハイパフォーマンス設定の状態で、novas Home+CAを利用する事が出来ます。



家族数人で1台のWiMAX端末を一緒に利用する、そんなシチュエーションを想像してみて下さい。
もし、誰かがWiMAX端末を外に持ち出してしまった場合、他の家族はインターネットを利用出来なくなってしまいます
ですので、そう考えると据え置き型のWiMAX端末の方が用途としてはピッタリなのではないでしょうか?



家族でインターネットを利用する



同様に、外に持ち出す事のないデスクトップパソコンを使っている方も、据え置き型で十分と言えます。
どうせ外に持ち出さないのであれば、他の機能に特化しているnovas Home+CAを利用した方がメリットを活かす事が出来ます。
そう言う割り切りも、WiMAX端末選びの際には大事になって来ます。



↓novas Home+CAの詳細情報はこちら↓
novas WiMAX

novas Home+CAを利用する際にポイントとなる部分

novas Home+CAを利用する際、ポイントとなる部分が3つあります。



  • WiMAXサービスの申し込み手続きはギガ放題プランで行う。
  • WiMAXサービスの申込み先にはnovas WiMAXを選ぶ。
  • Wi-Fi設定の5GHz2.4GHzをきちんと使い分ける。


まず、WiMAXサービスの料金プランですが、ギガ放題プランがお勧めです。
と言うのも、novas Home+CAは何台もの機器を同時通信する用途に適したWiMAX端末になります。
だからこそ、月々の通信量は多くなりがちなのです。



その際に、月間のデータ利用量による速度制限のないギガ放題プランの方がお勧めなのです。
もしも定額プランだった場合は、1ヵ月に7GBまでしか通信が行えなくなってしまいます



1ヵ月に7GBまでしか通信が出来ない!?



また、どちらの料金プランに申し込んだとしても、混雑回避のための速度制限はあります。
ですが、こちらが適用になったとしても、動画を視聴する事の出来る通信速度は維持されます。



WiMAXサービスの申込み先にnovas WiMAXを選ぶ理由ですが、novas Home+CAを販売しているメーカーだからです。
ですので、他の取扱店では付いて来ない、novas Home+CAに特化したキャンペーン特典が付いて来ます。



novas Home+CAのメーカーとしての強み



具体的には、novas Home+CA用の標準アンテナ延長ケーブルが貰えます。
また、端末あんしん2年保証も付いて来ます。
通常、WiMAX端末のメーカー保証は1年間なのですが、倍の期間メーカー保証が付いて来る訳です。



novas Home+CAのWi-Fi設定ですが、5GHz2.4GHzを使い分ける事が出来ます。
それぞれの特徴は、以下の通りです。



5GHz
電波干渉が起こり辛く、安定的で高速なWi-Fi通信を行う事が出来る。
2.4GHz
汎用性が高く、色々な機器が対応している。


ちなみに、novas Home+CAは2組のSSIDを利用する事が出来、それぞれ8台ずつ機器を通信する事が出来ます。



novas Home+CAはSSIDが2種類利用出来る



そして、それぞれ5GHzを利用するのか、2.4GHzを利用するのか設定する事が出来ます。
ですから、両方のいいとこ取りをする為に、5GHzと2.4GHzの同時利用をする事も可能です。

実際、novas Home+CAはどう?

ご紹介しているnovas Home+CAですが、実際に利用していてどうなのかと言うと、同時接続数が多いと言うメリットを十分に感じる事が出来ています。
Wi-Fiだけでも16台もの機器を接続する事が出来る訳ですが、まず、足りないと言う事がないです。



家族全員のスマートフォンとパソコンを接続しても、全然余裕があります
これが、本当に嬉しい部分です。



同時接続数に余裕あり



そして、通信速度も特に問題ありません
普通に通信を行う事が出来ていますし、遅くてイライラさせられると言う事はないです。
普通に実用レベルあります



この普通に利用出来ると言う部分が大事で、普通に利用出来ないサービスだと悲惨です。

スタート特典を活用しよう!

以上、据え置き型のWiMAX端末と言う事で、novas Home+CAについてご紹介しました。
いかがでしたか?



据え置き型のWiMAXってどうなのと思っていた方もいたと思いますが、その魅力についてご理解頂けたのではないかと思います。



novas Home+CAは魅力的!



ちなみに、ご紹介して来たnovas WiMAX 2+のキャンペーン特典ですが、novas WiMAX自体が誕生したばかりのスタート特典になっています。
ですので、この先キャンペーン特典の内容が変更になる可能性もあります。



ですから、少しでもお得なうちにとお考えの方は、お早めの手続きをお勧めします。



↓novas WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
novas WiMAX

「据え置き型のWiMAX端末novas Home+CAの魅力とは?実際、使えるの?」について

据え置き型のWiMAX端末novas Home+CAの魅力について、色々とご紹介します。据え置き型のWiMAX端末ってどうなのとお思いの方は、ぜひ参考になさって下さい。

Copyright © 据え置き型のWiMAX端末novas Home+CAの魅力とは?実際、使えるの?. All rights reserved